漢方薬・漢方療法のご相談は漢方専門相談店【うちやま薬局】 不妊症・ガン・自律神経・アトピー・体質改善・ダイエット・その他心と身体のお悩みならお気軽にご相談ください。

うちやま薬局

漢方薬・漢方療法

5,000円(税込)以上
全国送料無料

フリーダイヤル 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

不妊症

店主BLOG

男性の精子も、35歳を境に老化傾向が

男性の精子も、35歳を境に老化傾向が


カテゴリー:不妊症

男性不妊に詳しい独協医科大越谷病院の岡田弘教授(泌尿器科)は、
独自の試験結果を基に「35歳ごろから精子の機能が落ちる人が
一定の割合でいる」と提唱する。

岡田教授は、子どもができず男性不妊外来を受診したが、
精子の数や動きなどを見る通常の精液検査では「異常が見
つからない20~40代の患者100人」から同意を得て、
精子の受精能力を調べる試験を実施した。かつて不妊治療
の現場でよく行われた検査法を応用し、精子1個をマウス卵子
の中に注入して、卵子を活性化させる能力があるかを観察した。

能力があった精子の割合は、
20~34歳:70%以上
35~39歳:65%
40~44歳:54%
45~49歳:41%

このように35歳を境に能力が低下する傾向がみられた。

一方、既に子どもがいる健康な20~40代の男性30人の精子で
同じ試験をすると、年齢に関係なく68~85%と高い成績だった

岡田教授はこの結果を
「年齢が進んでも精子の機能が落ちない人もいるが、
中には35歳ごろから低下する人がいる」と解釈している。

米国でも昨年、不妊クリニックの約5千人分の精子を調べ、
35歳から精子の数、運動率などの低下が始まるとした研究が発表された。

 こうした結果を深刻に受け止め過ぎるのも問題だが、
岡田教授は「女性だけでなく男性も、子どもを持つ人生設計を
若いうちから考える必要がある」と話している。

ブログ新着記事一覧

カテゴリー

過去記事一覧

タグ一覧

店主BLOG

漢方薬・漢方療法

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

うちやま薬局

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

通話料無料 携帯電話OK 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

お買い上げ 5,000円(税込)以上で
全国送料無料

うちやま薬局 アクセス地図 駐車場場所

© 2017 うちやま薬局

スマートフォンで電話する 0120-24-2460