漢方薬・漢方療法のご相談は漢方専門相談店【うちやま薬局】 不妊症・ガン・自律神経・アトピー・体質改善・ダイエット・その他心と身体のお悩みならお気軽にご相談ください。

うちやま薬局

漢方薬・漢方療法

5,000円(税込)以上
全国送料無料

フリーダイヤル 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

旅行

店主BLOG

店主のGW③、憧れの伊勢神宮へ!

店主のGW③、憧れの伊勢神宮へ!


カテゴリー:旅行

2019/05/03

名古屋マリオットアソシアホテルから「伊勢神宮へ日帰り」の巻

 

GW中は混むだろうと思って。事前に名古屋⇔伊勢市の指定席を確保しておこうと思った。

「伊勢神宮・参拝きっぷ」というお得なものがあるようだ。

まずJTBに電話で問い合わせをしたら、「来店申し込み」の「来店受取」になるとのこと。

つまり2回もJTBに行かなくてはならないし手数料も発生すると。

 

そこでカード会社のAMEXに問い合わせをしたら、調べてみます、との事。

ちょっと頼りなさそうなので、今度はDinersカードに聞いてみた。

ちょっとだけ待たされたが、即、可能ですとのこと。

ただし両社とも切符を送ってくれるのにたしか1名につき1,080ぐらい必要とのこと。

2回もJTBに出向くよりは、黙っていても切符が届くのでDinersにお願いした。

 

送ってきた切符が3枚もあったが、名古屋に着いてすぐ駅下の近鉄に行き使い方や改札口を聞いたら、

改札に通すのはこの一枚でいいそうだ↓

こちらには「出発時間」と「座席指定番号」が刻印されているのいで、これも持ってないといけない↓

時間があったら賢島まで行ってみようと思っていたが、

これは使わずに名古屋へ引き返すことに↓

 

駅下の近鉄で事前に聞いておいたので迷わず改札まで行けた。

名駅(えいえき)。名古屋の人はなえきではなく「めいえき」と言うそうだ!

で、名駅は結構複雑だ。JRに近鉄に名古屋鉄道がある。

 

ホテルが名駅の真上なので超便利だった!

さて当日↓

来ました。特急鳥羽↓

動画41秒↓

https://youtu.be/aPrP_G85Tck

 

 

1時間20分後

 

伊勢市に着いた↓

 

 

事前に「伊勢神宮の案内人」を予約しておいた。

1~5名(だったか)につき6,000円になりまが、右も左もわからないので予約しておいた。

よろしくお願いします(ぺこり)↓

 

あっ、豊受大御神(とようけのおおみかみ)だ!

早速出会いました。

手を清めて鳥居をくぐります。

すすぐ作法も教えてもらいました↓

 

ここで案内人さんに、「何か気が付くことはありますか」と問われた。

もちろん?なにも気が付かない。

曰く、普通は上の横柱も外に出ているが、伊勢神宮では出ていません。

つまり、最高神のところを意味しています、とのこと。

へへ~!

 

遷宮のために同じ敷地に遷宮場所が確保されている↓

それも遷宮するお宮はすべてそう計画されているそうな。

私は1ヵ所だけかと思っていたが、数カ所あるようだった。

 

またまた「何か気が付くことはありませんか?」

んっ、何も。

屋根の上の丸っこい柱の数が、「外宮では奇数」「内宮では偶数」だそうな。

 

土と風の神様を祭っているようだ↓

 

今度はいよいよ「内宮」へ移動。

移動はバスで行く。

この切符代もDinersから送られてきた「伊勢神宮・参拝切きっぷ」に入っていた。

バスは次から次と入ってきて、内宮までピストン輸送しているシステムになっているようだ。

5分ほどで内宮に着いた。

 

皇大神宮(内宮)

主祭神:天照大御神

でた~!ついに天照大御神様までたどり着いた!

抜けるような青空↓

 

なにやら説明を受けたが忘れた(すんません)

この川で手を清めるのが作法らしい↓

写真には写っていないが、作法に従って一応私もやってみた。

 

 

いよいよ大本命へ↓

この鳥居をくぐれば撮影一切禁止!

 

大本命を出たところで出会った宮司さん↓

 

外から撮影。なんと屋根の上の丸いのが「10本」も!

 

荒というのは行動的、という意味なそうで、ここでは希望を祈ってもいいそうで、

静かな神様ところでは祈ってはいけないそうだ。

 

 

ここが最終撮影スポットだそうです。

隣の方は赤の他人の観光者です↓

背負ってるリュックは、最近おフランスから入ってきてる、

QUECHUA(ケシュア)という会社が販売しているもので、ナントなんと

「350円」のバッグ。耐摩耗1年保証のすぐれものでとても重宝しました!

 

これで見学終了して、おはらい町へ↓

 

細い道でも赤福さんの配達車が

走ってます↓              どこの最後尾だったかな?↓

  

階段がびっしり↓                人とヒトひと↓

 

 

 

元気な名物女将がいたので

動画23秒↓

https://youtu.be/rSwONxWIPOM

 

 

ここが赤福「本店」や↓

 

途中で漢方薬も売ってました↓

芍薬甘草湯↓

 

萬金丹(まんきんたん)↓

お腹の病気なら何でも聞効く、という意味

 

 

ここからおかげ横丁↓

 

ここで終わり↓

あらあら、おかげ横丁の写真を撮ってなかったみたい?

 

返ろうかと思ったら、「どんどこどんどこ」と音が聞こえたので

動画3分43秒↓↓

https://youtu.be/mM8SvklWuWE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ新着記事一覧

カテゴリー

過去記事一覧

タグ一覧

店主BLOG

漢方薬・漢方療法

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

うちやま薬局

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

通話料無料 携帯電話OK 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

お買い上げ 5,000円(税込)以上で
全国送料無料

うちやま薬局 アクセス地図 駐車場場所

© 2017 うちやま薬局

スマートフォンで電話する 0120-24-2460