漢方薬・漢方療法のご相談は漢方専門相談店【うちやま薬局】 不妊症・ガン・自律神経・アトピー・体質改善・ダイエット・その他心と身体のお悩みならお気軽にご相談ください。

うちやま薬局

漢方薬・漢方療法

5,000円(税込)以上
全国送料無料

フリーダイヤル 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30
子宝漢方療法・不妊療法
不妊・子宝・妊活

8東洋医学の考え方 気・血・水

東洋医学の考え方 気・血・水

漢方薬

うちやまの子宝法

(き)・ (けつ)・ (すい)」「陰陽 (いんよう)・虚実 (きょじつ)」
表裏 (ひょうり)」「寒熱 (かんねつ)」子宝法

「血」は、手などを切ると出てくる赤い血です。

特に、血液循環が悪く滞った状態を「お血」(おけつ)と言います。

「水」は、血液以外の体液(リンパ液や細胞間質液など)です。

東洋医学では月経のことを経水(けいすい)と言いますので、血だけではなく水も関係していることが分かります。体液のめぐりが悪いのを「水毒(すいどく)」と言います。

「気」は、目には見えませんが、体を巡っている働き(エネルギー)のあるものです。

気に力がある人は気力がある人。気に力がない人は、気が弱い、などと使いますよね。「病は気から」、とも言われますよね。

「陰」は、静かさ、あるいは穏やかさ。「陽」は、活発さ、あるいは動的。

不妊の原因が、陰気の不足なのか、陽気の不足なのかを見極めることが必要です。今の言葉でいうと、自律神経の交感神経(陽気)の働きに関係しているのか、副交感神経(陰気)の働きに関係しているのか、両者のバランスが狂っていないか(自律神経失調)を考えます。

「虚」は、少ない、あるいは足りない事。「実」は、多い、あるいは有り過ぎる事。

どこが足りなくて、どこが多いのかを見極めることが大切です。足りないところは補い、多いところは減らさなければなりません。

「表」は、体の外側、皮膚に近い部分。「裏」は、体の内部、内臓。「半表半裏」は、表と裏の間の所。

不妊の原因が、表と関係しているのか、裏に問題があるのが、はたまた半表半裏に問題があるのかを見極めていきます。

「寒」は冷え、温度低下。「熱」は熱さ、炎症を持っている。

どこが冷えていて、どこに熱を持っているのかを見極めることが重要です。

妊娠は、すべてこの「気・血・水」「陰陽・虚実」「表裏」「寒熱」のバランスが取れていて、初めて自然妊娠が成立します。

月経不順(正常な月経周期は25~38日)、無月経(3カ月以上月経がない)、不正出血、子宮筋腫、子宮内膜炎、排卵障害などの婦人科疾患も、漢方薬の得意分野です。

ご相談・お問い合わせにつきまして、
どんなことでもお気軽にお電話くださいませ。

漢方薬・漢方療法 うちやま薬局 無料にてご相談承ります
0120-24-2460
フリーダイヤルをご利用できない場合  0138-52-2424 (有料)
FAX:0138-52-1744
〒040-0011 北海道函館市本町30-25 ( ご来店方法はこちら)
営業時間:平日・土曜 朝 9時00分 ~ 夜 6時30分
日曜・祝祭日が定休日になっております

うちやまの「子宝漢方療法」で妊活を有利にしませんか

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

うちやま薬局

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

通話料無料 携帯電話OK 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

お買い上げ 5,000円(税込)以上で
全国送料無料

うちやま薬局 アクセス地図 駐車場場所

© 2017 うちやま薬局

スマートフォンで電話する 0120-24-2460